Professor Seiichi Makino (Princeton University)

牧野成一 英文学を早稲田大学文学部で、言語学を東京大学文学部で学び、それぞれで学士号と修士号を取得。フルブライト給費生としてアメリカに1964年に留学、言語学の Ph.D. をイリノイ大学(シャンペン・アーバナ)で取得。1980年から1991年までイリノイ大学で日本語、文化論、日本語学を助教授、教授として教える。夏のミドルベリー日本語学校の校長を1977から88年までつとめた。1991年にプリンストン大学に移り、以来そこで日本語、文化論と日本語学を教える。日本語科の主任を務め,夏は金沢の Princeton-in-Ishikawa の主任を務め、2012年に退職する。1996年からは毎夏コロンビア大学に夏期日本語教育修士プログラムをつくり、その教務主任をしながら,日本語教授法、談話文法、言語文化学、認知言語学を教えて来ている。1990年3月に日本に導入して以来、毎年日本語の Oral Proficiency Interview のワークショップをトレーナーとして開いている。著作は単著・共著多数。主著を挙げると、『くりかえしの文法』大修館 (1980) 、『ウチとソトの言語文化学 – 文法を文化で切る』アルク (1996) 、Aspects of Linguistics: In Honor of Noriko Akatsuka ( 久野・ Strauss と共同編集 ) くろしお出版 (2007) 、A Dictionary of Basic/Intermediate/Advanced Grammar. Japan Times ( 初級、中級,上級がそれぞれ 1986, 1995, 2008) Japan Times 。

2001年に MLA の外国語教育学科会から外国語教育に貢献したことで賞をいただく。全米日本語教育学会( ATJ) の会長を2004から2007年までする。2007年には日本の日本語教育学会から同様の趣旨で賞をいただく。2009年にミドルベリー大学から名誉学位を、また、2014年には瑞宝中綬章をいただく。

現在の研究の焦点は認知学的な問題、比喩、時制、フォーマリティ、文法性などのシフト現象である。


「句読点はどのような文体を生むか ----漱石の『明暗』と水村美苗の『續明暗』の場合」  

 句読点というと、日本語の先生も言語学の研究者も言語習得の研究者もほとんど関心がない領域です。去年、ここで初めて文体論について、私が文体を言語学と文学の三角関係の要素の一つであることを話したと思います。今回の講演もその延長線上で出てきた問題です。

 句読点は話すときでも書くときでもリズムの創生に非常に大事だし、それは音楽の休止符と非常に近い関係にあります。さらに大事な点ですが、句読点は、大類雅敏(おおるい・まさとし) (1978) が『文体としての句読点』指摘したように、個人の文体と密着していいる点です。しかし、私はこの大事な点を構文との関連を含めてより深く分析すべきだと考えています。

 そこで漱石と水谷の作品から「会話体」で書かれた部分と「地の文」として書かれた部分から、それぞれ100文ずつ(1作家につき200文、合計400文)を任意抽出して句読点の用法を探ったわけです。特に次の6点に絞って考えていきます。

[1] 句読点が一種の “icon”(類像性)として文意と、さらに非言語の脈絡をどう説明するか。

[2] 読点を使って構文の意味の把握をしやすくする。あるいは読点を使わないで意味の把握をしにくくなる。

[3] 構文の中で「倒置構文」と読点との関わり方。

[4] 「連体修飾構文」を含む「拡大文節構文」と読点の関係。

[5] 句読点の中の句点は普通文の終了を示すだけであるが、それ以外にどのような文体上の意味を持っているか。

[6]漱石の未完の小説『明暗』と、それを完成した水村の『明暗』の文体は読点の視点から異なるか。