Professor Seiichi Makino (Princeton University)

牧野成一(プリンストン大学)

牧野成一教授

牧野成一 英文学を早稲田大学文学部で、言語学を東京大学文学部で学び、それぞれで学士号と修士号を取得。フルブライト給費生としてアメリカに1964年に留学、言語学の Ph.D. をイリノイ大学(シャンペン・アーバナ)で取得。1980年から1991年までイリノイ大学で日本語、文化論、日本語学を助教授、教授として教える。夏のミドルベリー日本語学校の校長を1977から88年までつとめた。1991年にプリンストン大学に移り、以来そこで日本語、文化論と日本語学を教える。日本語科の主任を務め,夏は金沢の Princeton-in-Ishikawa の主任を務め、2012年に退職する。1996年からは毎夏コロンビア大学に夏期日本語教育修士プログラムをつくり、その教務主任をしながら,日本語教授法、談話文法、言語文化学、認知言語学を教えて来ている。1990年3月に日本に導入して以来、毎年日本語の Oral Proficiency Interview のワークショップをトレーナーとして開いている。著作は単著・共著多数。主著を挙げると、『くりかえしの文法』大修館 (1980) 、『ウチとソトの言語文化学 – 文法を文化で切る』アルク (1996) 、Aspects of Linguistics: In Honor of Noriko Akatsuka ( 久野・ Strauss と共同編集 ) くろしお出版 (2007) 、A Dictionary of Basic/Intermediate/Advanced Grammar. Japan Times ( 初級、中級,上級がそれぞれ 1986, 1995, 2008) Japan Times 。

2001年に MLA の外国語教育学科会から外国語教育に貢献したことで賞をいただく。全米日本語教育学会( ATJ) の会長を2004から2007年までする。2007年には日本の日本語教育学会から同様の趣旨で賞をいただく。2009年にミドルベリー大学から名誉学位を、また、2014年には瑞宝中綬章をいただく。

現在の研究の焦点は認知学的な問題、比喩、時制、フォーマリティ、文法性などのシフト現象である。『翻訳で何が失われるか』を中公新書として出版予定。


「受動・可能・自発構文の「声」は何か」

英文法では受身構文を Passive Voice と呼ぶ。日本語文法では受身構文を通常「受動態」と呼び、「受動の声」とは呼ばない。英語の Voice を「受動態」と呼ぶのはただ呼称の問題ではなく、もともとの「声」という概念に引き戻して「受身の声」として日本語の受動構文を考え直したらどうなるだろうか、というのが今回の話の発想の出発点です。そこから話が展開して、それが受身構文だけの問題ではなく、受身をマークする /rare/ という形態素がどうして「可能表現」や「自発表現」と共有されているのかも考え、その理由の一つとして、比喩的な「声」が共有されているからではないか、といった提案をする 。

1960 年代にチョムスキーの言語理論の枠組みで黒田 (1965) と久野 (1973) で分析された受動構文が今でも「受身の声」の分析にも有効ではないかということで、まず受身構文の分析をたどり、最終的には受動・可能・自発表現の構文に共通の「深層の声」を日本人の自然観、偶発観とつなげてみたいと思う。

日本語教育では、おそくとも、中級のレベルで、今回問題にする三つの構文を教えられているが、構文間のつながりと日本文化とのつながりを教えているだろうか。この点にも最後に触れたいと思う。