Professor Leiko Matsubara Morales (University of São Paulo)

モラレス松原礼子教授 モラレス松原礼子 サンパウロ大学で博士号取得後、上智大学で博士研究員   (postdoctoral research)   、現在サンパウロ大学東洋言語学部で教鞭を取る。研究領域はバイリンガリズムと外国語、および、継承語としての日本語教授法、および日本語学習法。

Leiko Matsubara Morales has a PhD from the University of São Paulo (USP). She is a faculty member of the Department of Oriental Languages at the same university. Her main areas of research are bilingualism and the teaching and learning of Japanese as a heritage and foreign language. She has done post-doctoral work at the University of Sophia, Japan.


教育言語学の視点からの複言語研究

本講演では、まず、通時的・社会文化的視点から、日系人と非日系人の日本語学習者像を見ていくことにより、ブラジルの日本語学習の特徴を概観する。そして、その概観を通して複言語多言語教育の必要性を唱えたい。

国際交流基金が定期的に行なっている調査では、ブラジルでの日本語教育は、今も学校外で行われる場合が主流であると報告されている。ブラジルでは日本人とその子弟が多いため、継承語教育という視点から言語教育が語られる場合が多いが、この継承語教育は北米やヨーロッパの文脈とは単純比較できない。なぜなら、ブラジルでは日系人コミュニティの存在が重要であり、その成員の交流が盛んであるからである。また、ブラジルでは日本語は今も日常のコミュニケーションのツールとして用いられており、無視できないことは、異なる地域出身者が移住するときに持ち込んだ方言によって言語のハイブリッド化が起こったこと、そして、それによりさまざまな言語バリエーション(例えば、接触言語に関してはポルトガル語の影響もある)が存在するという側面である。

グローバリゼーションの時代には、日本が1990年から3世までの日系人とその家族に対し規制緩和を行なったため、日系人の日本への移民が激増し、ブラジルの日系コミュニティ、および、日本語学習者数の減少を引き起こした。しかし、日系人子弟が減少しても、ブラジルでは、日系人の存在が社会文化歴史的に重要なため、社会文化歴史的視点を無視して、外国語教育としてだけ日本語教育を行うわけにはいかない。

また、1990年からの非日系人日本語学習者の増加は顕著であり、高等教育機関では非日系人の日本語学習者はすでに70パーセント以上に達していると言われている。この多様性は、リーマンショックで多くのブラジル人がブラジルに帰国するようになってから、学校教育から民間の日本語学校に至るまでさまざまなレベルの教育機関で顕著になってきている。そして、学校という文脈では、多くの帰国者がポルトガル語が上手く話せないため学校に適応できないという問題も生まれている。

日本語教師の養成という面では、日本語が流暢な帰国者が増加しているため、人的資本(human capital)が強化されているわけであるが、依然として、教師が母語話者、非母語話者である問題、それに加え、言語教師としての教授能力アップの問題などが残っている。このような言語に纏わる、ダイアグロシア(diaglossia)の問題、つまり、複言語主義(Council of Europe 2001)的アプローチの下での、言語バリエーション の使用に関する問題、また、バイリンガリズムの問題は、ブラジルにおける言語教育と言語学習に関する複雑な言語状況の中で、無視できない問題となっている。

 

The Plurilingual of the Study to a Perspective of Educational Linguistics

In the referred lecture, we will outline peculiarities of Japanese language learning in Brazil through the profiles of descendant and non-descendant apprentices from a diachronic and sociocultural perspective as well as raise reflections aimed at a need for a plurilingual and multicultural education. In the survey conducted periodically by Japan Foundation, the Japanese language education is still predominant in institutions known as non-school. Even though language teaching from the perspective of heritage language due to the massive presence of Japanese and descendants, this heritage language label cannot be compared to the context of North America nor Europe. In Brazil, the presence of the Nikkei community is significant and the interactions among its members are intense. The Japanese language is still used as a daily communication tool, what we cannot neglect is the aspect of linguistic variation resulted from hybridization of different dialects brought by immigrants from different regions of their country of origin, such as the influence of Portuguese in terms of contact languages. With globalization, Japanese migrations and Japanese-descent migration to Japan is intensified with the regulation of the third Nikkei generation from 1990 on, causing an exodus in the Nikkei community in Brazil so the Japanese language teaching decreased. Even though there is loss of linguistic proficiency of the descendants, teaching cannot be guided only by foreign language teaching, without considering the socio-historical and cultural aspects. Moreover, from the 1990s on, the presence of non-descendants is remarkable and in schools of higher education it already reaching more than 70%. This diversity is yet more intensified over all levels of education from regular education to community schools since the world crisis caused by the bankruptcy of Lehman Brothers bank, which resulted in the return of many Brazilians. In the schools’ context, many returnees have had school adaptation problems, due to lack of knowledge of the Portuguese language. Regarding teaching-development courses of the Japanese language, there was a demand of fluent speakers, contributing to the strengthening of human capital in terms of proficient speakers of Japanese, without academic training, though. This way, diglossia issues – as to linguistic variation usage – and of bilingualism - under a plurilingual approach – come up in complex linguistic situations on the teaching-learning scope.