Princeton Japanese Pedagogy Forum

The 28th Princeton Japanese Pedagogy Forum

Saturday, April 30, 2022

Online

 


ことばの教育が創る社会:

バイリンガル教育・継承語教育の事例がことばの教育に投げかけるもの

教育は未来の社会を創る営みであり、日本語教育もその例外ではありません。本フォーラムでは、バイリンガル教育、継承語教育などことばの教育の関連分野における様々な事例からことばの教育は何を学べるのか、ことばの教育には未来を創っていくために何ができるのかを、特に社会構造との関係で考えていきたいと思います。例えば、現在のバイリンガル教育、継承語教育の問題は何か、問題の所在はどこにあるのか、問題を抱えているのは本当に当事者なのか、などの問いについて考えることはとても重要です。そして、もし問題が本来は当事者にあるわけではないのに、社会が問題を作り出し、その当事者にならざるを得ない人々を作り出しているのであるとしたら、当事者だけでなく、(ことばの教育をも含む)社会全体で問題を考え、解決していかなければなりません。これらの視点は社会公正(social justice)とも密接に関連しています。

社会公正は「すべての人を公平に、敬意と尊厳を持って寛大に扱うことを具現化する哲学、姿勢、そして、行動である (Nieto & Bode 2008)」とも定義できます。そして、そのような目標を実現するための言語教育研究には長年の蓄積があります。それらの研究では、教育において社会公正でよく扱われるようなジェンダー、人種、経済格差、マイノリティなどのトピックを取り扱うだけでは不十分で、その中での力関係がどうなっているのかを掘り下げて分析すること、また、社会を変えていくために自分たちに何ができるのかを考えていくことが必要であると唱っています(Kubota & Miller 2017)

本フォーラムではさまざまな事例がその個別分野を超えて日本語教育に与えられるものは何なのか、(狭義の)当事者でない人が当事者の問題を自分ごととして捉えられるようになるために日本語教育には何ができるのか、社会を創る日本語教育の可能性についてみなさんと考えたいと思っています。基調講演は、櫻井千穂先生(大阪大学)にお話しいただきます。

フォーラムではこのテーマに関する発表以外に、言語学、言語習得、テクノロジーと言語教育などことばの教育に関するさまざまな発表を募集いたします。発表の応募締め切りは2022年1月15日(土)(アメリカ東部標準時間11:59)で、左のリンクからご応募いただけます。


Language Education and Just Society:

What Can We Learn from Cases from Bilingual and Heritage Language Education?

Education is nothing less than the process by which a society produces its future, and Japanese language education is of course part of this process. But how can we as Japanese language instructors and/or researchers be more mindful of our potential contributions? In this Forum we would like to examine the relationship between social (and cultural) structures and language education. In order to explore this topic, we examine cases from various (related) fields such as bilingual education and heritage language education. Are those whom we think have challenges really the source of the perceived problems? Isn’t it society that actually creates these challenges? We ask these “social justice” questions and examine the relationship between social (and cultural) structures and language education throughout the Forum.  

Social justice can be defined as “a philosophy, an approach, and actions that embody treating all people with fairness, respect, dignity, and generosity (Nieto & Bode 2008).” In fact, language studies have a long history of examining such social justice questions. These studies suggest that it is not enough to include topics such as identity, gender, race, class, or minority status in language classrooms. What we need is a deeper analysis of power, inequalities, domination, and resistance. We then need to reflect on our own practice and think about what we can actually do for social change (Kubota & Miller 2017). In this Forum we would like to explore possibilities of Japanese language education to create a better future for all. In order to have a constructive discussion on this theme, we have invited Dr. Chiho Sakurai (Osaka University) to serve as keynote speaker at the annual Forum in April

The Forum calls for presentations on this theme as well as any topic related to language education such as linguistics, language acquisition, or technology and language education. The proposal deadline is January 15, 2022.