Home Page

""

The 24th Princeton Japanese Pedagogy Forum

Saturday, May 12, 2018 - Sunday, May 13, 2018

Princeton University


生きていることば、変容する学習者・教師・コミュニティ:

ことばの教育への生態学的アプローチ

ことばや文化は狭義のシステムとしてそれだけで自己完結するものではありません。ことば・文化、学習者・教師、コミュニテイは生きて変容しすべてお互いに影響し合っていて、それらはより大きな社会、環境、さらには生態系の一部となっています。このフォーラムでは、そのような生態学的視点が日本語教育を含めたことばの教育にどんな貢献ができるのか、みなさんと議論したいと考えています。基調講演は、Dave Malinowski先生(イェール大学)、李在鎬先生、(早稲田大学)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。フォーラムではこのテーマに関する発表以外に、言語学、継承語教育研究、言語習得などことばの教育に関するさまざまな発表を募集いたします。発表の応募締め切りは2018年1月10日で、左のリンクからご応募いただけます。


Living Language, Transforming Leaners, Teachers, and Community: Ecological Approaches toward Language Education

Language, culture as well as learners, teachers, and communities are not only transforming themselves but are also influenced from each other. They are also part of a larger society, context, and ecological system. In this Forum, we will provide a platform to discuss what ecological approaches can contribute to language and culture education. Keynote speakers are Dr. Dave Malinowski (Yale University), Professor Jaeho Lee (Waseda University), and Professor Seiichi Makino (Princeton University). The Forum invites presentations on the theme as well as any topics related to language education such as linguistics, heritage language education, or language acquisition. The proposal deadline is January 10th, 2018.