Home Page

""

The 23rd Princeton Japanese Pedagogy Forum

Saturday, May 13, 2017 - Sunday, May 14, 2017

Princeton University


世界の平和、思いやり、リスペクトとことばの
教育:
日本語教育には何ができるのか?

現在の世界には,言語、人種、宗教など多様な背景や価値観をもつ人々が暮らしています。そして、その多様性は,世界を豊かにするための可能性を持つはずなのに、それとは逆に文化や言葉の異なる人に対する攻撃・排除がいたるところで起きています。ヘイトスピーチ、テロ、移民・難民の問題などがその例です。また、攻撃・排除だけではなく、自分たちの私利私欲で行動を起こしたり、多様性や異質なものに対する無関心・無理解といった状況もあります。このような問題を解決するために、みなが思いやって、お互いを尊重し「平和」に暮らしていくために、日本語教育には何ができるのでしょうか?このフォーラムでは、日本語教育を含めたことばの教育にどんな貢献ができるのか、みなさんと議論したいと考えています。発表の応募締め切りは1月15日(日)で、このリンクからご応募いただけます。


World Peace, Thoughtfulness, Respect and Language Education: What Can Japanese Language Education Contribute?

There are many people who have different backgrounds (e.g., ethnicity, religion, language etc.) in the world. These differences should make the world richer and more interesting, but in reality, they create more challenges. Some attack or exclude people who have different backgrounds, while some think about just themselves, ignore, or are indifferent to others. Current challenges include, but are not limited to, hate speech, terrorism, and conflict with immigrants and refugees. What can the Japanese language education do to make the world more thoughtful, respectful, and peaceful? In this Forum, we would like to provide a platform to discuss what language education including Japanese language education can contribute to the world and our local communities.