""

The 26th Princeton Japanese Pedagogy Forum

Saturday, May 9, 2020 - Sunday, May 10, 2020

Princeton University

We regret to inform you that the 26th Princeton Japanese Pedagogy Forum has been canceled due to concerns about COVID-19 (Coronavirus). If you have already purchased airline tickets or made hotel reservations, please contact the respective agencies as soon as possible to inquire about their refund/cancellation policies. We will not be able to refund any airline tickets purchased. 

Professor Ittoku Tomano, one of our keynote speakers, has kindly agreed to give a video-recorded speech on Saturday, March 9, 2020 at 9 am and followed by a live Q&A session. If you would like to watch the talk, please click the link below and register. 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfcyujGvESiutxB3wdFA3aLhz6kHNfFmdv6dOVwn0fraAy5kA/viewform

We will also publish the Forum Proceedings so that everyone will be able to read the various presentations that were originally scheduled for our Forum.

We apologize for any inconvenience caused by this decision, but your health and safety is of our utmost importance. We look forward to your attendance at future Forums. Thank you very much for your understanding and support.

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第26回プリンストン日本語教育フォーラムの開催を中止いたします。ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。なお、大変恐縮ではございますが、今回のフォーラムの参加にあたってご予約された航空券や宿泊先の取り消しにかかる費用は当フォーラムでは一切負担できかねますので、ご了承いただければと思います。

今回のフォーラムで予定されておりました苫野一徳先生の基調講演は2020年5月9日(土)午前9時(アメリカ東海岸夏時間)にオンラインで配信(録画されたご講演とライブでの質疑応答)いたします。先着80名さま(ご登録は無料です)になっておりますので、視聴ご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。後日視聴のためのリンクとパスワードをお送りいたします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfcyujGvESiutxB3wdFA3aLhz6kHNfFmdv6dOVwn0fraAy5kA/viewform

また、プロシーディングスも発刊の予定です。(予定されていた発表で執筆を希望される方にはプロシーディングスの執筆をお願いしております。)

今回の中止では皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと、この場を借りて再度お詫び申し上げます。次回のフォーラムで皆様にお会いできますこと、楽しみにしております。


ことばの教育の力:教育におけることば(母語・第2言語・外国語)の役割とは?

人々は言葉を使ってコミュニケーションをしています。何のためにことばを用いてコミュニケーションをするのか、その目的は状況や場によってそれぞれですが、ただ単に情報交換をしたり、気持ちを共有したりするためだけなのでしょうか。ことばによるコミュニケーションは、人を傷つけたり、弱者を排除したり、強者の利益が優先されたりもしています。したがって、ことばの教育に携わるものは毎日の何気ないコミュニケーションによって現実が作られていること、そして、その現実は変えてもいけるということを常に考える必要があります。

教育におけることばの役割とは何なのでしょうか。そもそも私たちは何のためにことばを教えているのでしょうか。今こそ何のためにことばを教えているのかという大きなヴィジョンをわれわれが共有することで、個別の論点では時に対立することがあっても、瑣末な対立にこだわりすぎることなく、それぞれのアイディアを協力させ合うことが大切なのかもしれません。本フォーラムでは、ことばの教育にはどんな力があるのか、そして、その力を最大限に発揮するにはどのようなことばの教育を構想したら良いのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思っています。このテーマでの基調講演は苫野一徳先生(熊本大学)、それから、当校名誉教授の牧野成一先生(プリンストン大学)の講演も予定しています。

フォーラムではこのテーマに関する発表以外に、言語学、継承語教育研究、言語習得などことばの教育に関するさまざまな発表を募集いたします。発表の応募締め切りは2020年1月10日で、左のリンクからご応募いただけます。


Power of Language Education: The Role of Language (First, Second, and Foreign Language) in Education

We communicate with others using language. The purpose of communication depends on the situation, but it is not always just exchanging information or sharing our feelings. Communication can also hurt others, exclude minorities, and prioritize majorities. Language educators need to remember that our reality is constructed by communication and that the reality can be changed by the same act of communication.

What is then the role of language in education? Why are we teaching language? Now is the time to share a big vision of language education regardless of minor disagreements among us. In this Forum, we would like to discuss what power language education has and what types of language education we should envision to maximize the power. In order to have a constructive discussion on the theme, we are inviting the following scholars to serve as keynote speakers at the annual Forum in May: Professor Ittoku Tomano (Kumamoto University) and Professor Seiichi Makino (Princeton University).

The Forum calls for presentations on this theme as well as any topic related to language education such as linguistics, heritage language education, or language acquisition.The proposal deadline is January 10, 2020.